2018年1月8日(月)の日記

正月休みは元日に茨城にある実家に顔を出しそのまま一泊した以外は遠出することもなく、子どもと過ごしたり池袋や新宿をぶらぶらして過ごした。

十二連休ともなると最後の方は時間を持て余してしまい、毎日書店に行っていたが、数日掛けて買ったのは二冊だけだった。デザイン関連の書籍でおもしろそうなものを探していたのだが、その内訳は小説と伝記である。

現在勤めている会社を夏に辞めるつもりでいるので、気休めに「独立」や「フリーランス」の文字をタイトルに掲げた本をパラパラっと見たりする。先日手に取った本は、冒頭に社員を殴ったり蹴ったりしているという某デザイナーのインタビューが掲載されていた。彼はデザインの一切をスタッフに任せていて、いまでは自身がデザインすることはできなくなっていると聞いたこともある。「独立を目指す人が手に取るであろう本でこう言うのもなんですが、僕は独立はすすめません(笑)」とあり、そりゃあ優秀なスタッフは囲っておきたいだろうな、と思った。